飲酒運転と罰則

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

飲酒運転と罰則

02年6月に改正された道路交通法で「酒気帯び運転」は、呼気1リットル当たりのアルコール濃度が0・15ミリグラム以上で罰則(1年以下の懲役または30万円以下の罰金)の対象にしている。正常な運転ができないと「酒酔い運転」として、より厳しい罰則(3年以下の懲役または50万円以下の罰金)を設けているが、個人差があるため飲酒量は基準がない。

(2006-09-18 朝日新聞 朝刊 山形 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android