コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

餅花・餠花 もちばな

大辞林 第三版の解説

もちばな【餅花・餠花】

柳の枝などに、小さく丸めた餅や米の粉のだんごをたくさん付けたもの。農作物の豊作や財宝が多くなるように祈って小正月に神棚に飾る。繭の形に作ったものを繭玉という。餅の花。 [季] 新年。 《 -や灯立て壁の影 /其角 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

餅花・餠花の関連キーワード小正月其角