養殖ノリのバリカン症

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

養殖ノリのバリカン症

ノリの芽がバリカンで刈り取られたようにちぎれてしまう現象で、昨年度も生産数量を減らした理由の一つとされた。三重で命名された現象で、一晩で葉体1センチ前後を残して流失してしまう。

(2011-12-09 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android