コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首狩り・首狩 くびがり

大辞林 第三版の解説

くびがり【首狩り・首狩】

異なる集団に属する人間を襲って殺し、首をとる慣習。頭部に霊的な力が宿るという信仰に基づくとされ、主に農耕社会に特徴的にみられる。しばしば豊饒ほうじようの儀礼と結合している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

首狩り・首狩の関連キーワード農耕社会信仰集団頭部霊的儀礼慣習

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android