コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首都直下地震の想定

1件 の用語解説(首都直下地震の想定の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

首都直下地震の想定

これまで想定した震源は「東京湾北部」など一部にとどまっていた。このため、発生しうる地震のうち(1)30年間に70%の確率で発生するマグニチュード(M)7クラスの「都心南部」(2)200~400年の間と発生の確率は低いが、被害規模の大きいM8クラスの「相模トラフ沿い」の二つを防災対策の対象に設定。県別の被害想定は(1)だけに行った。津波高については過去の地震など6タイプを元に算出した。

(2013-12-20 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

首都直下地震の想定の関連情報