コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首長権継承儀礼 しゅちょうけんけいしょうぎれい

大辞林 第三版の解説

しゅちょうけんけいしょうぎれい【首長権継承儀礼】

古墳時代の首長が前方後円墳など古墳で葬送の際に行なった儀式。前期古墳の鏡・玉・剣など祭器や墳丘の土器・埴輪から、死者の霊力を継承するために新首長が司祭者として行なったと推定される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

首長権継承儀礼の関連キーワード前方後円墳古墳時代土器儀式霊力死者葬送祭器墳丘埴輪

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android