香山 健一(読み)コウヤマ ケンイチ

20世紀日本人名事典の解説

香山 健一
コウヤマ ケンイチ

昭和・平成期の社会工学者 学習院大学法学部教授。



生年
昭和8(1933)年1月17日

没年
平成9(1997)年3月21日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京大学教養学部卒,東京大学大学院経済学研究科修了

経歴
東大在学中の昭和28年自治会委員長となり、全学連書記長を経て、31年全学連委員長となるが、33年共産党を除名される。同年生田浩二らと共産主義者同盟(ブント)を結成、35年“60年安保”を闘う。のち清水幾太郎の現代思想研究会や森田実らのグループ1984に加わり、近代経済学・未来学を研究する。学習院大学講師、助教授を経て、49年法学部教授。59〜62年臨教審委員。中曽根元首相のブレーンとしても知られた。著書に「未来学入門」「情報化社会の未来構図」「自由のための教育改革」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

香山 健一 (こうやま けんいち)

生年月日:1933年1月17日
昭和時代;平成時代の社会工学者。学習院大学教授;全学連委員長
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香山 健一の関連情報