香川県丸亀市(読み)まるがめ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔香川県〕丸亀〈市〉(まるがめ〈し〉)


香川県北西部、丸亀平野を占める市。
瀬戸内海に面し、塩飽(しわく)諸島の広島・本島(ほんじま)・手島(てしま)などを含む。2005年(平成17)3月、旧・丸亀市と綾歌(あやうた)郡の綾歌町、同飯山町が合併して現在の姿となる。近世初頭、生駒親正(いこまちかまさ)が丸亀城を築城、江戸時代を通じ城下町として栄えた。丸亀港は金刀比羅宮(ことひらぐう)の参詣(さんけい)客でにぎわった。農業では稲作のほか、モモ・イチゴ・ハッサクなどの栽培が盛ん。臨海埋め立て地を中心に金属・造船・電機などの工場がある。武士の内職にはじまった丸亀うちわ(国の伝統的工芸品)が特産品。うちわの生産高は全国シェアの約9割を占める。広島では御影石の青木石が採掘される。笠島は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定。丸亀城跡・快天(かいてん)山古墳、塩飽勤番所は国の史跡に指定されている。大型テーマパークのNewレオマワールド、うちわの港ミュージアムなどの見どころがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香川県丸亀市の関連情報