香川県仲多度郡まんのう町(読み)まんのう〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔香川県〕まんのう〈町〉(まんのう〈ちょう〉)


香川県中南部にある町。讃岐(さぬき)山脈北麓、土器(どき)川流域に位置する。仲多度(なかたど)郡
2006年(平成18)3月、仲多度郡の琴南町、満濃町、仲南町が合併して成立。稲作・畜産のほか、キャベツの栽培が盛ん。8世紀初期(大宝(たいほう)年間)築造の灌漑(かんがい)用溜()め池である満濃(まんのう)池があり、北東丘陵地に国営讃岐まんのう公園がある。県内最高峰の竜王山がある。美霞洞(みかど)温泉、塩入温泉などの温泉がわく。雨乞い踊りの綾子(あやこ)踊は国の重要無形民俗文化財に指定。天川(あまがわ)神社の社叢は国の天然記念物。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android