香川県坂出市(読み)さかいで〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔香川県〕坂出〈市〉(さかいで〈し〉)


香川県北部の市。
瀬戸内海に面する。瀬戸大橋岡山県倉敷市と結ばれる。塩飽(しわく)諸島の与島(よしま)・櫃石島(ひついしじま)などを含む。近世初頭に播磨国(はりまのくに)(兵庫県)赤穂(あこう)からの移住民が塩田を開き、1971年(昭和46)まで製塩の町として発展。番の州の埋め立て地を中心に造船・化学・石油などの大規模工場がある。金時人参、金時イモを特産。高松市境に瀬戸内海国立公園に属する溶岩台地の五色台(ごしきだい)が広がる。四国八十八ヵ所第79番札所の天皇(てんのう)寺(真言宗)・第81番白峯(しろみね)寺(真言宗)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

香川県坂出市の関連情報