香川県観音寺市(読み)かんおんじ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔香川県〕観音寺〈市〉(かんおんじ〈し〉)


香川県南西の市。
讃岐(さぬき)平野西部に位置し、燧灘(ひうちなだ)に浮かぶ伊吹島、円上(まるがみ)島などを有する。2005年(平成17)10月、旧・観音寺市と三豊(みとよ)郡の大野原町、同豊浜町と合併して現在の姿となる。レタス・タマネギ・ナシ・ミカンの栽培が盛ん。かまぼこなどの水産加工業、エビ・イワシ漁が行われる。琴弾(ことひき)公園(国指定の名勝)は砂で描かれた「寛永通宝の銭形砂絵」と有明浜で名高い。四国八十八ヵ所第68番札所の神恵(じんね)院(真言宗)、第69番観音(かんのん)寺(真言宗)がある。徳島県境の第66番雲辺(うんぺん)寺(真言宗)(徳島県三好市)へ山麓からロープウェーが結ぶ。ちょうさ祭が有名。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香川県観音寺市の関連情報