馬島 僴(読み)マジマ カン

20世紀日本人名事典の解説

馬島 僴
マジマ カン

昭和期の医師 産児調節運動の先駆者。



生年
明治26(1893)年1月3日

没年
昭和44(1969)年10月5日

出生地
愛知県名古屋市

本名
馬島 僴(マジマ ユタカ)

旧姓(旧名)
浜田

学歴〔年〕
愛知医専〔大正7年〕卒

経歴
学校を出た翌年の大正8年、徳島中学の先輩、賀川豊彦が貧民救斉事業として経営していた神戸の友愛診療所に入って診療に従事し、翌年には渡米してシカゴ大学で小児科の勉強をする。この間、産児調節の知識を習得する。12年に帰国後は、当時M・サンガー夫人の来日を機に起きた産児制限運動に医師としてただ一人参加、昭和3年には共産主義に傾倒して東大の本所セツルメント近くに労働者診療所を開設。また3.15弾圧後には「解放運動犠牲者救援会」の会長となった。しかし、左翼活動への弾圧が厳しくなり、9年には堕胎事件で起訴され、2年後、執行猶予に。戦後は24年に日本産児調節連盟を組織するなど、産児調節運動を再展開する一方、「日中・日ソ国交回復国民会議」の結成に尽力してその事務総長を務め、32年に日ソ協会が設立されるとその理事長にもなっている。馬島式ダッチベッサリーは避妊具として世界的に有名。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android