コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬興祖

美術人名辞典の解説

馬興祖

宋代の画家。山西省永済生。賁の子。花鳥・人物・山水画を能くし、紹興年間(1131~1161)に画院待詔となった。鑑別に詳しく、高宗の蒐集した書画の鑑定にあたった。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

馬興祖の関連キーワード馬遠

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android