馮敏昌

美術人名辞典の解説

馮敏昌

清の文人広東省生。字は伯求、号を魚山。乾隆43年翰林、のち刑部主事となる。書は王羲士の「蘭亭叙」を精習、その法を独学して行書を得意とし、また隷書もよくした。画は松・竹・蘭・花卉を得意とした。嘉慶12年(1807)歿、61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android