駆け落ち・駆落ち・駈け落ち・欠落(読み)かけおち

大辞林 第三版の解説

スル
親から結婚の許しを得られない男女が、しめし合わせてひそかによそへ逃げ隠れること。
逃げて行方をくらますこと。逐電。 困りきつて-とまで思つたところを/五重塔 露伴
戦国時代、農民が戦乱・重税などのために散発的あるいは組織的に離村・離郷すること。
江戸時代、貧困・悪事などのために、居住地を離れ行方をくらますこと。 欠落と書く。武士には出奔しゆつぽんの語が用いられる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android