駆け落ち・駆落ち・駈け落ち・欠落(読み)かけおち

大辞林 第三版の解説

かけおち【駆け落ち・駆落ち・駈け落ち・欠落】

( 名 ) スル
親から結婚の許しを得られない男女が、しめし合わせてひそかによそへ逃げ隠れること。
逃げて行方をくらますこと。逐電。 「困りきつて-とまで思つたところを/五重塔 露伴
戦国時代、農民が戦乱・重税などのために散発的あるいは組織的に離村・離郷すること。
江戸時代、貧困・悪事などのために、居住地を離れ行方をくらますこと。 〔 は「欠落」と書く。武士には「出奔しゆつぽん」の語が用いられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android