コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駕籠訴・駕篭訴 かごそ

大辞林 第三版の解説

かごそ【駕籠訴・駕篭訴】

江戸時代の越訴おつその一。幕府の高官や大名などが駕籠で通行するのを待ち受けて、訴状を投げ入れたりして直接訴え出ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

駕籠訴・駕篭訴の関連キーワード江戸時代大名幕府高官駕籠訴状