コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駟の隙を過ぐるが若し しのげきをすぐるがごとし

大辞林 第三版の解説

しのげきをすぐるがごとし【駟の隙を過ぐるが若し】

〔礼記 三年問
四頭立ての馬車が壁のすき間の向こうを駆け抜けて行くように、一瞬のことである。月日のたつのが早いことのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

駟の隙を過ぐるが若しの関連キーワード向こうたとえ馬車月日礼記