駿河湾沖地震

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

駿河湾沖地震

2009年8月11日午前5時7分に発生。震源は駿河湾沖の深さ23キロ。地震規模を示すマグニチュードは6・5で、伊豆、焼津牧之原御前崎市などで震度6弱を観測した。被害は、死者1人、重軽傷者311人、建物半壊6棟、一部損壊8666棟(県まとめ)。

(2010-08-11 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android