コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

騎西〈町〉 きさい〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕騎西〈町〉(きさい〈まち〉)


埼玉県北東部、見沼代(みぬまだい)用水沿いの低地に存在した町。北埼玉(きたさいたま)郡。
中世、武蔵七党の一つ私市(きさい)党の本拠地。かつては青縞(あおじま)木綿織の産地だったが、現在はこいのぼりを特産。自動車製造・非鉄金属などの工場がある。野菜・果樹栽培も盛んで、特にイチジクの生産では県内一を誇る。県指定天然記念物のフジで有名な玉敷(たましき)神社がある。2010年(平成22)3月、合併により廃止。⇒加須市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android