コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨切り唄 ほねきりうた

大辞林 第三版の解説

ほねきりうた【骨切り唄】

佐賀県・長崎県などの民謡で、仕事唄。クジラの骨を切り、唐臼からうすでひき砕いて油を搾るときに唄う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone