コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨太方針と成長戦略、どう違う

1件 の用語解説(骨太方針と成長戦略、どう違うの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

骨太方針と成長戦略、どう違う

骨太の方針の正式名は「経済財政運営と改革の基本方針」。主に国の予算にかかわる政権の経済政策の方針を示すもので、首相が議長の「経済財政諮問会議」で議論する。成長戦略の正式名は「日本再興戦略」で、同じく首相が議長の「産業競争力会議」で検討する。企業活動を活発にさせる規制緩和策など、予算がなくても経済成長を促す取り組みが含まれるのが特徴だ。法人税率引き下げなど両会議で重なる政策が多く「統合すべきだ」との指摘もある。

(2014-06-25 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

骨太方針と成長戦略、どう違うの関連キーワード経済財政諮問会議財政改革財政構造改革法歳出・歳入一体改革経済財政白書経済財政政策担当大臣骨太の方針骨太の方針2006減少する国の公共事業費社会保障費の抑制策

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

骨太方針と成長戦略、どう違うの関連情報