コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう) こつそしょうしょうosteoporosis

翻訳|osteoporosis

知恵蔵の解説

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

骨量が少なくなって骨の微細構造が劣化したために、骨の強度が低下し、骨折しやすくなる全身性の骨の病気。原因は、カルシウムの摂取不足、胃や腸の切除によるビタミンDの吸収阻害、マグネシウム欠乏など様々。また、閉経月経困難、アルコール摂取、運動不足、偏食喫煙などが危険因子。男女比は1:8で、65歳以上の女性の約50%は骨粗鬆症と考えられる。固有の症状はなく、骨折により初めて気付く。骨塩の定量の測定で診断がつく。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の関連キーワードまちがいやすい食事療法の例骨折リスクの評価手法ステロイド性骨粗鬆症副甲状腺機能亢進症クッシング症候群デルペシュの法則ウェルナー症候群骨粗鬆症治療剤大腿骨頸部骨折石灰脱失現象カルシトニン骨粗しょう症抗加齢ドックゲルマニウム思春期やせ症ダンベル体操更年期の症状脊椎圧迫骨折高齢者と骨折成人脊柱変形

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の関連情報