コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう) こつそしょうしょうosteoporosis

翻訳|osteoporosis

1件 の用語解説(骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

骨量が少なくなって骨の微細構造が劣化したために、骨の強度が低下し、骨折しやすくなる全身性の骨の病気。原因は、カルシウムの摂取不足、胃や腸の切除によるビタミンDの吸収阻害、マグネシウム欠乏など様々。また、閉経や月経困難アルコール摂取、運動不足、偏食、喫煙などが危険因子。男女比は1:8で、65歳以上の女性の約50%は骨粗鬆症と考えられる。固有の症状はなく、骨折により初めて気付く。骨塩の定量の測定で診断がつく。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone