コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高ケイ素鋳鉄 こうけいそちゅうてつ high silicon cast iron

1件 の用語解説(高ケイ素鋳鉄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高ケイ素鋳鉄
こうけいそちゅうてつ
high silicon cast iron

ケイ素を4%以上含む鋳鉄。フェライトと黒鉛から成り,ケイ素含有量が4~10%のものは耐熱性があり,14~16%のものは耐食性はよいが一般に硬く機械加工性が悪く,熱的・機械的衝撃にも弱い (→耐酸鋳鉄 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高ケイ素鋳鉄の言及

【耐食合金】より

…ステンレス鋼(高Cr鋼,高Cr‐Ni鋼,高Cr‐Ni‐Mo鋼)は現在の耐食合金の主流をなすものであり,用途に応じた鋼種が数多く開発されている。耐食鋳鉄としては高ケイ素鋳鉄(商品名ジュリロン,ジュリクロールなど),ニッケル鋳鉄(商品名ニレジスト)などがある。近年話題のアモルファス合金(非晶質金属)のなかでは塩酸に対して優れた耐食性を示すものとしてFe72Cr8P13C7合金,Fe45Cr25Mo10P13C7合金などがある。…

※「高ケイ素鋳鉄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高ケイ素鋳鉄の関連キーワードセミスチールナノフェライト除菌フィルターフェライトマンフェラーリ365GTB/4フェラライトフェライト砂岩デュモルチェライト岩フェライト子ども科学館酸化ケイ素(酸化珪素)鋳鉄・鋳鋼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone