コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高ケイ素鋳鉄 こうけいそちゅうてつhigh silicon cast iron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高ケイ素鋳鉄
こうけいそちゅうてつ
high silicon cast iron

ケイ素を4%以上含む鋳鉄。フェライト黒鉛から成り,ケイ素含有量が4~10%のものは耐熱性があり,14~16%のものは耐食性はよいが一般に硬く機械加工性が悪く,熱的・機械的衝撃にも弱い (→耐酸鋳鉄 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の高ケイ素鋳鉄の言及

【耐食合金】より

…ステンレス鋼(高Cr鋼,高Cr‐Ni鋼,高Cr‐Ni‐Mo鋼)は現在の耐食合金の主流をなすものであり,用途に応じた鋼種が数多く開発されている。耐食鋳鉄としては高ケイ素鋳鉄(商品名ジュリロン,ジュリクロールなど),ニッケル鋳鉄(商品名ニレジスト)などがある。近年話題のアモルファス合金(非晶質金属)のなかでは塩酸に対して優れた耐食性を示すものとしてFe72Cr8P13C7合金,Fe45Cr25Mo10P13C7合金などがある。…

※「高ケイ素鋳鉄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android