コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高プロラクチン血症 こうプロラクチンけっしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高プロラクチン血症
こうプロラクチンけっしょう

女性側の不妊の原因の一つで,間脳-下垂体-卵巣系を主軸とする内分泌機能の何らかの障害により排卵が阻害されるもの。最近,RIA (放射免疫法) と称されるホルモン測定の進歩により,解明が進んでいる。特に血液中のプロラクチンが高値を示す場合に排卵障害が起きることが認められ,下垂体腺腫によるものを除けば,麦角剤の一種であるプロモクリプチン療法が試みられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

高プロラクチン血症の関連キーワードホルモン(内分泌)のしくみとはたらき卵巣機能不全(卵巣機能低下症)胎児性アルコール症候群月経のおこるしくみエオジン好性腺腫不妊症無月経

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android