高レベル放射性廃棄物の最終処分地選定

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高レベル放射性廃棄物の最終処分地選定

原発の使用済み核燃料から再処理工場でプルトニウムウランを取り出した後に残るのが、高レベル放射性廃棄物。これを地下300メートル以上の岩盤に埋めて処分する計画。原子力発電環境整備機構が事業を担い、全国の市町村を対象に候補地を公募中。これまでに高知県東洋町が公募に応じたり、秋田県上小阿仁村が誘致検討を表明したりした。だが、住民の反対で頓挫。候補地の選定は進んでいない。応募から操業まで30年以上かかるとされ、地元自治体には文献調査を受け入れるだけで交付金10億円以上が入る。

(2008-04-26 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android