コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高レベル放射性廃液

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高レベル放射性廃液

原発や研究炉使用済み核燃料を切断して溶かし、再び燃料に使えるウランプルトニウムを取り出した後に残る液体。常に発熱しているため水で冷却しなければならず、放射線分解で発生する水素も取り除く必要がある。原子力機構によると、電源喪失時には最短57時間で沸騰して放射性物質が拡散するおそれがあり、最短42時間で水素が爆発する濃度に達する。原子力機構は東京電力福島第一原発事故後に、非常用発電機を増やし、津波浸水対策を施した。

(2016-01-26 朝日新聞 朝刊 茨城・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

高レベル放射性廃液の関連キーワード高レベル放射性廃棄物処分の仕組みラジオ・アイソトープガラス溶融炉放射性廃棄物ガラス固化シンロック地層処分消滅処理群分離

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高レベル放射性廃液の関連情報