高倉在孝

美術人名辞典の解説

高倉在孝

江戸後期の画家。京都生。字は子正、別号に後素。原在中(一説に在明)の門に学び、山水人物を能くした。のち名古屋に移る。安政頃(1854~1860)活躍、歿年不明。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android