コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高城[町] たかじょう

百科事典マイペディアの解説

高城[町]【たかじょう】

宮崎県南部,北諸県(きたもろかた)郡の旧町。都城(みやこのじょう)盆地の北東部を占め,米作,畜産を行い,葉タバコサトイモ,ゴボウなども産する。国道10号線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかじょう【高城[町]】

宮崎県南部,北諸県(きたもろかた)郡の町。人口1万2915(1995)。都城盆地北部に位置し,西縁を大淀川が北流する。戦国時代末に伊東氏の支配下にあったが,近世は薩摩藩領であった。主産業は農業で,畜産と米作を中心に養蚕やタバコ栽培なども行われる。1950年代後半より人口減少を続け,過疎化の傾向がみられたが,近年ゴム工場誘致など,工業の振興が図られている。牧原地区を中心に古墳群が点在し,安産の神として知られる石山観音寺や近くに石山観音池がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高城[町]の関連情報