コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山[村] たかやま

世界大百科事典 第2版の解説

たかやま【高山[村]】

群馬県北部,吾妻(あがつま)郡の村。人口4088(1995)。子持山,小野子山の北にあり,中央部を吾妻川の支流名久田川が西流する。中心集落の中山は江戸時代三国街道宿場町であった。県内の葉タバコ栽培の中心地であったが,1950年以降生産は減少した。養鶏など畜産コンニャクシイタケの栽培が行われる。小野子山北東麓には村営子持牧場があり,周辺地域の観光開発が進められている。沼田市中之条町を結ぶ国道145号線が通じる。

たかやま【高山[村]】

長野県北東部,上高井郡の村。人口7773(1995)。三方を山に囲まれた山村で,千曲川支流の松川が中央を西流し,村を山田・高井両地区に二分する。稲作とリンゴ,ブドウ,ホップ栽培を中心とした農業が主産業であるが,村域の85%は山林原野耕地は少ない。長野市の近郊に立地するため最近は農地の宅地への転用,兼業化が急速に進み,ベッドタウン的性格も強まっている。東部は上信越高原国立公園に属し,笠ヶ岳南西麓には山田牧場があり,松川上流には山田五色,七味などの温泉がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android