高山 義三(読み)タカヤマ ギゾウ

20世紀日本人名事典の解説

高山 義三
タカヤマ ギゾウ

大正・昭和期の政治家,弁護士 元・京都市長;国立京都国際会館初代館長。



生年
明治25(1892)年6月15日

没年
昭和49(1974)年12月6日

出生地
京都府京都市

旧姓(旧名)
中村

学歴〔年〕
京都帝大法科大学〔大正7年〕卒

経歴
学生時代に労働運動に加わり、大正6年友愛会の初代京都支部長に選ばれた。7年河上肇らと労学会を結成。京大助手、同志社大講師を経て、10年神戸で弁護士を開業。13年大阪に移り、小笛殺し事件、第2次大本教事件などの弁護に当った。戦後、自由党に参加、京都支部幹事長、昭和21年脱党し京都民主党を結成、委員長。25年2月社共両党を含む民主戦線に推され社会党公認で京都市長に当選。まもなく保守無党派となり、4期在職16年、国際観光都市としての京都の振興に尽くした。なかでも祇園祭山鉾巡行を観光事業として位置付けたことで知られる。41年市長を退き、国立京都国際会館館長に就任。全国市長会会長を務めた。自伝「わが八十年の回顧―落第坊主から市長まで」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

高山 義三
タカヤマ ギゾウ


肩書
元・京都市長,国立京都国際会館初代館長

旧名・旧姓
旧姓=中村

生年月日
明治25年6月15日

出生地
京都府京都市

学歴
京都帝大法科大学〔大正7年〕卒

経歴
学生時代に労働運動に加わり、大正6年友愛会の初代京都支部長に選ばれた。7年河上肇らと労学会を結成。京大助手、同志社大講師を経て、10年神戸で弁護士を開業。13年大阪に移り、小笛殺し事件、第2次大本教事件などの弁護に当った。戦後、自由党に参加、京都支部幹事長、昭和21年脱党し京都民主党を結成、委員長。25年2月社共両党を含む民主戦線に推され社会党公認で京都市長に当選。まもなく保守無党派となり、4期在職16年、国際観光都市としての京都の振興に尽くした。なかでも祇園祭の山鉾巡行を観光事業として位置付けたことで知られる。41年市長を退き、国立京都国際会館館長に就任。全国市長会会長を務めた。自伝「わが八十年の回顧―落第坊主から市長まで」がある。

没年月日
昭和49年12月6日

家族
父=中村 栄助(初代京都市会議長)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

高山 義三 (たかやま ぎぞう)

生年月日:1892年6月15日
大正時代;昭和時代の政治家;弁護士。国立京都国際会館初代館長
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高山 義三の関連情報