コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高岡智照尼

美術人名辞典の解説

高岡智照尼

真言宗大覚寺派尼僧。本名たつ子。明治29年奈良県生。照葉芸名西園寺公望桂太郎等の贔屓となり天下の名妓となる。のち結婚・渡米するが帰国後離婚、女優になった。昭和9年奈良真言宗久米寺で得度、同11年騨五王寺の庵主となる。権小僧上。著書に『金春日記』『尼生活』等がある。平成6年(1994)寂、98才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

高岡智照尼の関連キーワード4月22日

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android