高島 鞆之助(読み)タカシマ トモノスケ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「高島 鞆之助」の解説

高島 鞆之助
タカシマ トモノスケ


肩書
陸相,拓務相,枢密顧問官

別名
諱=昭光 号=革丙

生年月日
天保15年11月9日(1844年)

出生地
薩摩国鹿児島城下高麗町(鹿児島県)

経歴
文久2年島津久光に従い上洛、明治元年戊辰戦争に従軍。3年侍従番長、7年陸軍大佐、10年西南戦争に従軍、少将。12年ドイツ、フランス留学。13年熊本、14年大阪各鎮台司令官、15年西部監軍部長、16年中将。17年子爵。20年第4師団長、24年第1次松方内閣の陸相となった。25年枢密顧問官、29年第2次伊藤内閣の拓務相、続いて第2次松方内閣の拓務相、陸相。32年再び枢密顧問官となった。

受賞
勲一等

没年月日
大正5年1月11日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典「高島 鞆之助」の解説

高島 鞆之助 (たかしま とものすけ)

生年月日:1844年11月9日
明治時代の陸軍軍人。中将;子爵
1916年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android