コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島ちぢみ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高島ちぢみ

江戸時代の天明年間(1781~89)に、琵琶湖西岸の旧高島郡の農家冬場副業として始めた。横糸に強い「(よ)り」をかけ、布の表面にシボというしわを出した織物で、「高島クレープ」の呼び名もある。肌に触れる面積が小さいため、さらっとした着心地が特徴で、吸水性も良く、肌着の素材として重宝されている。

(2011-06-11 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

高島ちぢみの関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高島ちぢみの関連情報