コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島雲溟

1件 の用語解説(高島雲溟の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高島雲溟

江戸後期の詩人・書画家。名は泰、字は時升、通称を庄兵衛、別号に頤寧。初め江戸に住み、のち大坂に移る。学問を好み、画は特に山水・蘭竹を能くした。文政頃(1818~1830)の人。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島雲溟の関連キーワード橘崑崙高橋波藍岡汝粛原松洲渡辺松臺松田蘆山一木蘆洲伊星双缶斎藤抱山岸田青城

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone