コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木石童子

1件 の用語解説(高木石童子の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高木石童子

石彫・版画家。昭和7年(1932)岐阜県生。北大路魯山人に師事。イサム野口に影響を受けモダンアート展に彫刻を出品、また棟方志功の薫陶を受け石摺絵を創作、童子や地蔵などの心温まる作品を発表し今日に至る。モダンアート協会会員・日本美術家連盟会員。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高木石童子の関連キーワード岐阜大学小野忠重諏訪兼紀西田武雄古野由男松尾国松森義一守洞春矢橋六郎吉岡勲

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone