コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木 兼寛 タカキ カネヒロ

1件 の用語解説(高木 兼寛の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

高木 兼寛
タカキ カネヒロ

明治・大正期の海軍軍医,医学者,男爵 海軍軍医総監;東京慈恵会医科大学創立者。



生年
嘉永2年9月15日(1849年)

没年
大正9(1920)年4月13日

出生地
日向国諸県郡穆佐村(宮崎県高岡町)

別名
幼名=藤四郎,号=穆園

学位〔年〕
医学博士〔明治21年〕

経歴
鹿児島藩士の家に生まれ、若くして和漢学・剣道・医学・蘭学を学んだ。明治元年薩摩軍治療所助手になり、白河などの戦地病院に勤務。藩校で理学・数学・英学を修めた後、イギリス人ウィリスの医学校で校医を務める。5年召されて上京、海軍中軍医、大軍医、少医監を経て8年英国に留学、ロンドンセント・トーマス医学校に学ぶ。13年中医監・東京海軍病院長、14年大医監、15年軍医大監、18年軍医総監・軍医本部長、20年東京慈恵院長。この間、14年成医会講習所(東京慈恵会医科大学の前身)を設立、15年有志共立東京病院を、18年には看護婦養成所を設立し、医師・看護婦の養成に尽力した。また、海軍兵食を白米から麦飯に変え脚気追放に多大の貢献をした。38年男爵。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高木 兼寛の関連情報