高松宮 宣仁(読み)タカマツノミヤ ノブヒト

20世紀日本人名事典の解説

高松宮 宣仁
タカマツノミヤ ノブヒト

大正・昭和期の皇族,海軍軍人 大正天皇第三皇男子。



生年
明治38(1905)年1月3日

没年
昭和62(1987)年2月3日

出生地
東京・青山

学歴〔年〕
海大〔昭和11年〕卒

経歴
ご幼少時の称号光宮(てるのみや)。大正2年7月6日高松宮家を創立。昭和5年2月4日故徳川慶久二女・喜久子さまとご結婚。11年海軍大学校ご卒業。大本営海軍参謀などをつとめられた。敗戦時は海軍大佐。戦後は皇室会議議員、日本赤十字名誉副総裁、日仏協会総裁、日伊協会総裁、済生会総裁を歴任された。平成6年大正時代の少年期から敗戦直後まで27年間にわたって記していた日記が発見された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

高松宮 宣仁 (たかまつのみや のぶひと)

生年月日:1905年1月3日
明治時代-昭和時代の皇族,大正天皇第三皇男子
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android