コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高松宮 宣仁 タカマツノミヤ ノブヒト

20世紀日本人名事典の解説

高松宮 宣仁
タカマツノミヤ ノブヒト

大正・昭和期の皇族,海軍軍人 大正天皇第三皇男子。



生年
明治38(1905)年1月3日

没年
昭和62(1987)年2月3日

出生地
東京・青山

学歴〔年〕
海大〔昭和11年〕卒

経歴
ご幼少時の称号光宮(てるのみや)。大正2年7月6日高松宮家を創立。昭和5年2月4日故徳川慶久二女・喜久子さまとご結婚。11年海軍大学校ご卒業。大本営海軍参謀などをつとめられた。敗戦時は海軍大佐。戦後は皇室会議議員、日本赤十字名誉副総裁、日仏協会総裁、日伊協会総裁、済生会総裁を歴任された。平成6年大正時代の少年期から敗戦直後まで27年間にわたって記していた日記が発見された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

高松宮 宣仁 (たかまつのみや のぶひと)

生年月日:1905年1月3日
明治時代-昭和時代の皇族,大正天皇第三皇男子
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

高松宮 宣仁の関連キーワード高松宮妃喜久子久志本 梅荘久志本梅荘世界文化賞石川 岩吉有栖川宮昭和時代生年月日大正天皇海軍軍人貞明皇后皇族

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android