高校無償化と朝鮮学校

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高校無償化と朝鮮学校

無償化は2010年度に始まったが、朝鮮学校は見送られた。その後、政府が「外交問題は絡めず、授業時間数などの客観的な条件で判断する」との基準を設け審査を進めたが、北朝鮮による韓国・大延坪島(テヨンピョンド)砲撃を受け凍結。12年末に自民党政権に代わると、「拉致問題に進展がない」ことなどを理由に適用除外とされた。13年1月、愛知朝鮮中高級学校の卒業生らが「法の下の平等を定めた憲法に違反する」とし国家賠償を求め提訴。大阪、広島、福岡、東京でも同様の訴訟が起きている。

(2014-07-05 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高校無償化と朝鮮学校の関連情報