コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高校生修学支援基金

1件 の用語解説(高校生修学支援基金の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高校生修学支援基金

地方の負担が大きい私立高校生への補助事業を国が支援するため、国が分配した特例交付金をもとに各都道府県がつくった。授業料補助や奨学金に使える。総額485億7千万円。2011年度末までの3年間で活用し、残った分は国に返す。各都道府県は昨年度の支援人数に応じた交付金を国から受け取った。

(2010-03-06 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高校生修学支援基金の関連キーワードCSE補助事業気が大きい腹が大きい連闘直轄事業の地方負担補助ダム公立高校の授業料無償化と私立高校生への助成高校無償化制度大阪府の私立高校授業料無償化策

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高校生修学支援基金の関連情報