高橋 忠弥(読み)タカハシ チュウヤ

20世紀日本人名事典「高橋 忠弥」の解説

高橋 忠弥
タカハシ チュウヤ

昭和・平成期の洋画家



生年
明治45(1912)年4月25日

没年
平成13(2001)年1月24日

出生地
東京

学歴〔年〕
岩手師範卒

主な受賞名〔年〕
独立賞〔昭和18年〕

経歴
油絵を独習し、独立美術協会展などに入選する。昭和11年上京して画作に専念。戦時中は新聞社、通信社の特派員として中国大陸に渡る。40年から4年間滞仏。文学書の装幀も多く手がけた。著書に詩画集「巴里憂愁」「西洋絵画の話」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「高橋 忠弥」の解説

高橋 忠弥 (たかはし ちゅうや)

生年月日:1912年4月25日
昭和時代;平成時代の洋画家
2001年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android