高橋 順太郎(読み)タカハシ ジュンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

高橋 順太郎
タカハシ ジュンタロウ

明治・大正期の薬理学者



生年
安政3年3月28日(1856年)

没年
大正9(1920)年6月4日

出生地
加賀国金沢(石川県)

学歴〔年〕
東京大学医学部〔明治14年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔明治24年〕

経歴
金沢藩士・高橋作喜の長男として生まれる。幼少より藩校・明倫堂で文学を、経武館で武道を学ぶ。明治14年東京大学卒業後、同大助手として外科を修めながら内科当直医を務める。15年ドイツに留学し、ベルリン大学で薬物学・裁判医学をシュミデベルク教授に学び、17年シュトラースブルク大学に転ずる。18年ルイーゼ・ハインリヒと結婚し帰国、同年母校の大学講師、19年帝国大学医科大学教授となり、日本初の独立した学科目として薬物学講座を担当した。多数の論文を発表する一方、肝油、肺結核特効薬フワゴール、肺炎の特効薬レミジンの創成でも知られる。また医術開業試験委員、日本薬局方調査委員、理学文書目録編纂委員などを務めた。著書に「河豚の毒性に就て」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android