高橋新五郎(初代)(読み)たかはし しんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋新五郎(初代) たかはし-しんごろう

1767-1816 江戸時代中期-後期の商人。
明和4年生まれ。武蔵(むさし)足立郡塚越(埼玉県)の人。綿糸の販売にたずさわり,塚越で機業をおこそうとしたが文化13年閏(うるう)8月13日病没した。50歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android