コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋新五郎(3代) たかはし しんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋新五郎(3代) たかはし-しんごろう

1816-1867 江戸時代後期の機業家。
文化13年6月6日生まれ。2代高橋新五郎の子。塚越結城(ゆうき)や青縞(あおじま)を改良した東屋唐桟(あずまやとうざん)を考案し,販路を拡張した。慶応3年5月15日死去。52歳。武蔵(むさし)足立郡塚越(埼玉県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高橋新五郎(3代)の関連キーワードバイロンボップイギリス領北アメリカ条例ルコック探偵カッテンダイケグナイストフォルカードマリア[1世]高山陣屋跡マリア1世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android