コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋進(1) たかはし すすむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋進(1) たかはし-すすむ

1887-1936 大正-昭和時代前期のスキー選手。
明治20年生まれ。44年オーストリアのレルヒ少佐にスキーの指導をうける。全日本スキー選手権大会に毎回出場。また著作などによりスキーの普及と後進の指導につとめた。昭和11年6月18日死去。50歳。新潟県出身。筆名は翠郊。著作に「スキーの家」「スキー術五十講」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高橋進(1)の関連キーワードマキノ雅広斎藤寅次郎清水宏スペイン内戦[各個指定]芸能部門山本嘉次郎[各個指定]工芸技術部門ピッツバーグ・パイレーツバラングルートヘニー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android