コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋道八(三代) たかはし どうはち

美術人名辞典の解説

高橋道八(三代)

幕末・明治陶工。京都の人。二代道八の長男。名は道三光英、号は華中亭・道翁。高松藩に招かれ讃岐窯を開き、佐賀藩では有田磁器を指導した。仁和寺宮より法橋に叙せられる。青花白磁焼成に成功し、新技術も発明した。隠居後は桃山窯に従事した。明治12年(1879)歿、69才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

高橋道八(三代)の関連キーワード紀太理兵衛(9代)宝山文蔵(11代)高橋道八(3代)清風与平(初代)松下三光(初代)尾形周平(初代)四方竜文(6代)高橋道八(2代)塩野熊吉郎重久元阿弥仁阿弥道八角倉玄寧三浦竹泉百武兼貞堤治兵衛清水寛造伊東陶山高橋

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android