高橋 悦史(読み)タカハシ エツシ

20世紀日本人名事典の解説

高橋 悦史
タカハシ エツシ

昭和・平成期の俳優



生年
昭和10(1935)年8月2日

没年
平成8(1996)年5月19日

出生地
大阪府岸和田市宮本町

学歴〔年〕
立教大学文学部英米文科〔昭和33年〕卒

主な受賞名〔年〕
エランドール賞〔昭和43年〕,芸術祭賞優秀賞〔昭和45年〕「花の館」

経歴
昭和33年NHK俳優養成所に入り、35年卒業と同時に劇団三十人会を結成、またNHKとも契約、声優としてデビュー。38年文学座附属演劇養成所へ入り、39年卒業と同時に文学座研究生となる。42年文学座座員に昇格し、「友絵の鼓」で初舞台。以後「ガラスの動物園」「飢餓海峡」「乱―かな女堂之書」などに出演。映画は42年の「情炎」に出演以来、「日本のいちばん長い日」などの岡本喜八監督作品や、「戦争と人間」などの山本薩夫監督作品に多く出演、ムード作りのうまい性格俳優として定評を得る。平成2年文学座を退団しフリーに。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

高橋 悦史
タカハシ エツシ


職業
俳優

生年月日
昭和10年 8月2日

出生地
大阪府 岸和田市宮本町

学歴
岸和田高卒 立教大学文学部英米文科〔昭和33年〕卒

経歴
小学2年の時に父を亡くし、母の手一つで育てられる。高校2年までは野球少年であったが、試合に負けた責任を取り退部した後、演劇に興味を持ち、特に文学座の稲垣昭三に憧れた。上京して立教大学に学び、昭和33年NHK俳優養成所に入所。35年卒業と同時に卒業生で劇団三十人会を結成、またNHKとも契約、声優としてデビュー。やがて、飯沢匡の勧めで文学座の第3期研究生となり、42年文学座座員に昇格。「友絵の鼓」で初舞台。以後、「かもめ」「ガラスの動物園」「飢餓海峡」「華々しき一族」「おりき」「桜の園」「乱―かな女堂之書」などに出演。平成2年文学座を退団しフリー。映画では、「日本のいちばん長い日」「斬る」「肉弾」「赤毛」「吶喊」「ブルークリスマス」「EAST MEETS WEST」などの岡本喜八監督作品や、「戦争と人間」「金環蝕」「不毛地帯」「天保水滸伝」「皇帝のいない八月」などの山本薩夫監督作品に多く出演。ムード作りのうまい性格俳優として定評を得た。テレビ時代劇「鬼平犯科帳」では、2代目中村吉右衛門の演じる長谷川平蔵を補佐する与力・佐嶋忠介役で人気を博し、膵臓がんとの闘病中、同作の劇場作で佐嶋役を演じたのが遺作となった。他の出演作に、映画「情炎」「エロス+虐殺」「旅の重さ」「日本の首領」「青春の門」「小説吉田学校」、テレビ「鳩子の海」「愛の哀しみ」「必殺仕舞人」などがある。

受賞
エランドール賞〔昭和43年〕,芸術祭賞優秀賞〔昭和45年〕「花の館」

没年月日
平成8年 5月19日 (1996年)

家族
妻=高橋 光代(女優)

伝記
夫婦の階段 谷口 桂子 著(発行元 日本放送出版協会 ’99発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

高橋 悦史 (たかはし えつし)

生年月日:1935年8月2日
昭和時代;平成時代の俳優
1996年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android