高津 多代子(読み)タカツ タヨコ

20世紀日本人名事典の解説

高津 多代子
タカツ タヨコ

大正期の社会運動家



生年
明治30(1897)年1月10日

没年
大正14(1925)年12月14日

出生地
広島県豊田郡椹梨村

旧姓(旧名)
岸槌

学歴〔年〕
甲山女学校卒

経歴
地主・岸槌信太郎の長女として生まれ、隣郡の寺の住職・高津正道と結婚し、大正7年共に上京。夫が社会運動で早稲田大学を退学になり暁民会を結成、自宅を事務所とし、日本社会主義同盟の幹部となった9年頃から多代子も社会主義運動に参加し、10年結成された女性社会主義者の組織・赤瀾会に入り活動。同年9月「お目出度こと」という文書の筆跡が似ていると夫とともに収監されたが、12月証拠不十分で釈放された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android