コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高濃度汚染水の流出

1件 の用語解説(高濃度汚染水の流出の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高濃度汚染水の流出

福島第一原発2号機のタービン建屋地下や坑道にたまった放射能汚染水が、取水口付近のコンクリートの亀裂から漏れ出しているのが2日に見つかった。6日に止水するまで520トンが流出し、4700兆ベクレル放射能が含まれていたと東京電力は推定している。国の基準で定められた年間放出量の約2万倍にあたる。この高濃度汚染水の収容先を確保するため、東電は4~10日にかけ、敷地内の比較的濃度の低い汚染水1万393トンを意図的に海に放出した。放射能の量は1500億ベクレルと見積もられた。

(2011-04-23 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高濃度汚染水の流出の関連キーワード飯舘村衝動タービン抽気タービン背圧タービン再熱タービン軸流タービンエアタービン志賀原発2号機プルサーマル受け入れの3条件放射能汚染水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone