コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田瞽女と斎藤作品

1件 の用語解説(高田瞽女と斎藤作品の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高田瞽女と斎藤作品

戦国時代から昭和期にかけ、上越市高田を拠点に上越や信州の村々を回った目の不自由な女性たち。親方に引率され「ごぜ唄」などを披露してコメを請うた。最盛期の明治末期には高田に約100人いたとされる。その存在にひかれた斎藤は1964年に「最後の高田瞽女親方」の杉本キクイさん(故人)を訪ねるなど上越に通い、鮮烈な赤を多用して瞽女の顔や旅姿を油絵に描いた。

(2011-05-31 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone