高田 畊安(読み)タカタ コウアン

20世紀日本人名事典の解説

高田 畊安
タカタ コウアン

明治〜昭和期の医師 南湖院院長。



生年
文久1年8月19日(1861年)

没年
昭和20(1945)年2月9日

出生地
丹後国中筋村(京都府舞鶴市)

旧姓(旧名)
増山

学歴〔年〕
京都医学校本科〔明治17年〕卒,東京帝国大学医学部〔明治23年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔大正5年〕

経歴
丹後国の藩士の子。京都医学校を経て、明治23年東京帝大医学部を卒業。この間、15年に同志社教会で受洗ヘルツの助手として東大に残るが、肺結核にかかり辞職。全快後、29年に東京・神田に東洋内科医院、31年には茅ケ崎に結核サナトリウム・南湖院を設立し、以後、結核診療に心血を注いだ。南湖院は東洋一といわれ、全国から患者が集まった。患者の中には国木田独歩、八木重吉らがいる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

高田 畊安 (たかだ こうあん)

生年月日:1861年8月19日
明治時代-昭和時代の医師。南湖院院長
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android